さくらめんとログ

「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」最終巻発売です。

本日、「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」最終巻発売です。
最終巻にもとらのあなさん、アニメイトさん、ゲーマーズさんで川上さんによる素敵な特典がつきます。
電子書籍版も一緒に発売のようです。特典やらの情報など詳しくは公式サイトなどでお確かめください。

あと、いつもの落書きクリスマスver
ユウカさん最終巻発売です!

ユウカさんは私にとって初めての連載でした。
色々足りない部分も多かったですが、お楽しみいただけたでしょうか。

このお話は私一人の力ではこうして形にすることは出来ませんでした。
何より素敵な絵でエロく可愛くユウカさん達を描いてくれた川上さんに感謝です。
色々趣味丸出しのキャラクター達を生き生きと描いて貰えて本当に原作冥利に尽きます。

編集さんにもお世話になりました。
いくつか「これ大丈夫かな?」的なネタを盛り込んだ際、
「もっとやっちゃってもいいんじゃないですか?」的な返しをしてもらい、このお話が出来ています。
そうです。編集部のOKが出ているから危ないシーンも載っているんです。
だから決して私や川上さんが不健全なわけではなくてですね…。
はい。

そして読んでいただいた読者の皆様のおかげでもあります。
長いようで短いような連載でしたが、本当にありがとうございました。

追加:
ピクシブに上げたおまけ漫画です。
ネタバレ要素含みますので、気にする方は一応注意してください。


ではでは。
長文を読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/21(土) 16:51:40|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説

恥ずかしながら私はあまり活字媒体を読まない人間です。
漫画を除いてまともにいっぱい読書をしたのは大学の卒論を書くために資料を読んでいた時でしょう。
その時は引用するためのチェックや、後で本稿に編入する雛形の意見・感想メモ書きなどしながらというのもあり、
そんなに一気にページを読んだわけではありませんでした。

そんな自分が昨日今日で350p近くある小説を一気に読みました。
卒論の時のようにメモを取っていたわけではないのでその速度と比べるのはフェアでないにしろ、
こんなペースでかつ楽しみながら活字を消化したのは初めてかもしれません。
今後の資料として読んでいたのは間違いないんですが、それを差し引いても
「一気に読みたい!」
と引き込まれて読みきってしまいました。

読んだのは伊藤計劃さんの『ハーモニー』です。
その数日前には(風邪を引いたのもあり時間かかってますが)同氏の『虐殺器官』を読み終えたばかりでした。
『虐殺器官』は非常に皮肉の効いたオチがたまらなく素敵でした。
『ハーモニー』は上記作品以上に自分達の日常と常識と平和について考えさせられる内容でした。
そして私の手元には『屍者の帝国』があります。
…さすがにページ数が違うのでこれを休みの間に読みきれるとは思いませんが、楽しみに読みましょう。


伊藤さんが若くして亡くなられたというのが非常に残念です。
  1. 2013/12/07(土) 19:23:12|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0