さくらめんとログ

小説

恥ずかしながら私はあまり活字媒体を読まない人間です。
漫画を除いてまともにいっぱい読書をしたのは大学の卒論を書くために資料を読んでいた時でしょう。
その時は引用するためのチェックや、後で本稿に編入する雛形の意見・感想メモ書きなどしながらというのもあり、
そんなに一気にページを読んだわけではありませんでした。

そんな自分が昨日今日で350p近くある小説を一気に読みました。
卒論の時のようにメモを取っていたわけではないのでその速度と比べるのはフェアでないにしろ、
こんなペースでかつ楽しみながら活字を消化したのは初めてかもしれません。
今後の資料として読んでいたのは間違いないんですが、それを差し引いても
「一気に読みたい!」
と引き込まれて読みきってしまいました。

読んだのは伊藤計劃さんの『ハーモニー』です。
その数日前には(風邪を引いたのもあり時間かかってますが)同氏の『虐殺器官』を読み終えたばかりでした。
『虐殺器官』は非常に皮肉の効いたオチがたまらなく素敵でした。
『ハーモニー』は上記作品以上に自分達の日常と常識と平和について考えさせられる内容でした。
そして私の手元には『屍者の帝国』があります。
…さすがにページ数が違うのでこれを休みの間に読みきれるとは思いませんが、楽しみに読みましょう。


伊藤さんが若くして亡くなられたというのが非常に残念です。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/07(土) 19:23:12|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」最終巻発売です。 | ホーム | ユウカさん最終話更新です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sacra224.blog109.fc2.com/tb.php/117-efdc3807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)