さくらめんとログ

ガンプラバトルのあれ

「ガンダムビルドファイターズ」がかなり面白いと言う話を聞いて、今更ながら見て見ました。
すんごく面白いです。びっくりしました。
一応大まかなジャンルとしては、子供向けのガンプラ販促アニメに分類されるのでしょうが、
実態は大きなお友達を見事に刈り取るために用意されたんじゃあないかと疑わざるを得ません。

なにより「公式」の強みを余すことなく使ったパロディ要素がたまりません。
登場ガンプラはもちろん、有名台詞のパロに始まりモブにどこかで見た人達が居たり、
バトルのシチュエーションも元ネタ部分を意識していたものが見られて、知っているとより楽しめる作りになっています。
とは言えガンダムシリーズを知らなくても、話の作りが王道で熱い展開を楽しめ、
嫌な思いになる展開も少なく、登場キャラも魅力的でこの作品単体でも充分楽しめます。
実際私もガンダムシリーズ全作品見ているわけではないのですが、それでもかなりはまりました。


好きなキャラはグラハmリカルド・フェリーニさん。
とりあえず15話ですよ。
やばかったです。フェニーチェのガンプラ買おうか迷ってるくらいには興奮しました。
ターンXもそうですが、左右非対称の機体大好きです。
しかもそうなった経緯がおそらく子供の頃作った機体を修理し続けた結果とか熱すぎますよ。
最終回で良いんじゃないかと思うほどの超作画によるバトル。
何よりお互いが全武装と地形を利用して戦って、極限までボロボロになる殴り合い…。
防御に使ってたマントで殴り合いに応じた場面は鳥肌モノです。
全体的にスクライドを髣髴とさせる…と思ったら同じ方の脚本だったようで納得しました。


もう一人はアイラ・ハラペコなんとかさん。
かわいい。
ローテンションの時も腹ペコモードの時もどっちも好きです。
ガンダムシリーズのお約束として強化人間ヒロインはたいていお亡くなりになるんですが…果たして…。
色々怪しい部分があるので、やっぱりレイジと同郷の人間で、最終的に二人くっついてくれるのが理想ではありますが。

そして謎のおっさん、ラルさん。
ただの解説・便利屋だけでなくお話にも絡んできそうな予感。
もちろん絡んでこなくても充分成立するすばらしい立ち居地に立っている理想のスターシステムキャラではないでしょうか。


様々な目線で見て楽しめる素敵な作品だと思います。
何よりヒロイン勢が皆個性的でかわいいのでそれだけでもありです。
女体の作画に気合入れている場面が多くてたまりませんね。

はい。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/26(水) 11:42:33|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この季節 | ホーム | ツインテールの日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sacra224.blog109.fc2.com/tb.php/122-71bce246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)