さくらめんとログ

読み返しとかどうでもいい雑記とか

石黒正数さんの短編集Present for meを久しぶりに読み返しました。
タイトルにもなっている「Present for me」は本当に大好きな話です。
ああいう感じの演出(と小細工)を頑張ろうとしては挫折している今日この頃です。
私はキャラに喋らせすぎるのでどうにかちゃんと絵で説明していかないと…。

これに収録されている「ヒーロー」と言う話も大好きです。
これを読むと頭の中に、
 ・ポルノグラフィティ「ラストオブヒーロー」
 ・スガシカオ「正義の味方」
 ・広沢タダシ「スーパースター」
この三曲が回ります。
ヒーローが必要とされなくなって、存在意義を失って、それでも人生を模索して、誰かのためのヒーローを目指す。
戦わないヒーローものも結構あるネタだとは思いますが、何かこう…好きなんですね。

あと、石黒さんの描く女の子は媚びてないのに可愛くて好きです。
おそらく先にキャラありきで話を作っているのではなくて、ギミックやオチが先にあって、
話の中に必要な要素としてのキャラを入れているのだと勝手に推測しています。(特に短編は)

自分も持ち込みをしていた時、途中からこの方針で話を作るようになりました。
先にメインイベントを決めて(キャラにどんな台詞を言わせたいとか、どんな行動をさせたいとか)、
そこに持っていくための舞台設定・物語の始まり・登場キャラの性格などを考える感じです。

例えば、山場で主人公に台詞Aを言わせたいとしましょう。
その主人公が最初からAを言いそうなキャラで、対になる別キャラ(ヒロイン)の方でAに至るまでの話を動かすのか、
それとも主人公は最初Aを言いそうになくて、話が動いてメインイベントに至る経緯でAを言う心境になるのか、
とか考えると楽しいです。

…まぁその結果キャラが話してるだけになって山場っぽさが無くなってしまいダメ出しを受けるわけですが。
あと、連載だとどうしても頭の中が話を進めたい気持ちと、用意したキャラとその設定が先行になってしまって、
ただでさえ多い至らない部分が割り増しになってしまってダメ出しをもらっています。


…とまぁ自分なりに文章で書けば整理できるかな、と思い駄文を。
今の内に一度自分の基本に立ち返って頭の中を整理しておきたいです。



…それにしても無駄に長い文章ですね…。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/29(水) 20:08:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<15話更新です。 | ホーム | 14話更新です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sacra224.blog109.fc2.com/tb.php/74-8514b83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)